ニキビを早く治す方法!おすすめニキビケアでニキビ跡もキレイ

なかなかニキビが治らない。ニキビの原因と言われる食べ物、生活習慣、洗顔方法などニキビ対策もご紹介! ニキビ跡をキレイに治ったと口コミで評判のおすすめニキビケア商品をランキング。

なかなか治らないニキビの原因は?ニキビ跡をキレイに治す方法

他人のニキビは小さく見えるのに、自分のニキビは大きく見える。
本当に自分のニキビの悩みは深刻ですよね。

このサイトでは、そんなニキビで悩んでいる方向けに
ニキビの原因やニキビ対策など、ニキビの悩みを解決するための情報をまとめたサイトです。
各ニキビケア商品の口コミなどもまとめていますので、
どの方法が自分に合っているのか参考にしてください。

ニキビを治したい

あなたはニキビって何歳までできるものだと思いますか?
治してもまたすぐにできてしまうということで悩んでいる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

ニキビとは?

ニキビは大きく分けて二種類となるのですが、思春期ニキビと大人ニキビというものがあります。
20代以降のニキビは大人ニキビと呼ばれるのですが、10代ぐらいのニキビは思春期ニキビと呼ばれています。
あなたはどのタイプのニキビに悩んでいますか?

思春期ニキビは、中学生ぐらいからでき始めるのが特徴となっていますが、ニキビは皮膚疾患であり、医学的には〝尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)〟と言います。

一般にニキビという語は青年の顔面に発生するものをいい、それ以外のものは吹き出物(ふきでもの)ということも多い。
ニキビ - Wikipedia

ニキビは毛穴に詰まった皮脂・細菌の相互作用によって炎症を起こす皮膚の病気ですが、皮脂が多く分泌される場所にできるという特徴があります。
皮脂が出る毛穴が詰まる事によって、皮膚の常在菌であるアクネ菌がその中で増殖するわけですが、アクネ菌は皮脂を餌として増殖します。

大人になってもニキビができるのは何故?という方もいらっしゃいますが、毛穴が詰まった状態だとニキビができやすい環境となってしまうのです。

まず、あなたのニキビはどんな状態ですか?
赤く膨れているのがニキビだと思っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

  • 毛穴に皮脂が詰まっている。
  • 赤く膨れている。
  • 膿が溜まっている。

これらの種類があるわけですが、私たちを悩ませるニキビは『いつ治る』という断定はできないんです。

皮脂を出して肌を乾燥させないようコントロールするのが人間の体の仕組みですから、皮脂をなくす事はできませんので、毛穴を詰まらせないというのが重要となります。
何十年もニキビに悩まされている方もいらっしゃるわけですが、ニキビと無縁になるためには、きちんとしたニキビケアをしなければならないのです。

ニキビの治療

ニキビは皮膚疾患なので、皮膚科に行きましょう!というCMもしているので、相談に行こうか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

皮膚科で治療

あなたのニキビは複数が集中しているタイプですか?
頬の辺りに集中してニキビがあるとメイクでも隠す事はできませんから早く治す方法を考える方が多いはずです。

可能であれば皮膚科で相談して、お薬を処方してもらった方がいいと思うのですが、正しいスキンケアを続ける事によって、ニキビは改善されますから、洗顔や化粧水などを見直してみるのもいいんじゃないかと思うのです。

朝・晩という感じで2回の洗顔をすると思うのですが、その回数や洗顔方法を見直すだけで、ニキビが改善されるなら嬉しいと思いませんか?

『できれば病院には行きたくない・・』
こう思っている方も多いんじゃないでしょうか。

『ニキビぐらいで病院なんて・・』
そう考えている方もいらっしゃるはずです。

ニキビ治療で皮膚科に行けば、薬を処方してもらう事ができ、正しく治す事ができます。
しかし、時間がないとか色んな問題があるはずですから、日々のスキンケアを見直し、ニキビケア用のものを選んで使うようにして、改善するという事がオススメされているのです。

ニキビ治療にも種類があり、「外用薬を用いない治療法」「皮膚科外用薬による治療」とあります。

詳しくは「ニキビの治療法データベース〜もっとも優れた治療法はコレ」で紹介されています。

ニキビができる原因

ニキビの原因とは

ニキビは思春期の成長ホルモンが活発な時期にでき始める事が多いのですが、最近は大人もニキビに悩まされている方が多くなっています。

あなたはご自分のニキビが何故できているのか知っていますか?
女性は生理前になるとできるという方も多いのですが、生理とは関係なくニキビができる事はありませんか?
たかがニキビと思っている方も、放っておくとどんどん悪化し、ニキビ痕として残ってしまうこともあるので、ニキビができるメカニズムもきちんと理解し予防する必要があります。

まず、ニキビができやすい部位として挙げる事ができるのは、皮脂分泌が過剰なところです。

顔→おでこ・鼻(Tゾーン)
体→胸・背中

これらの箇所が皮脂分泌が活発で、ニキビができやすいとされていますので、皮脂の分泌を過剰にしない肌環境を作ることが重要となります。

(皮脂が過剰になる原因)

  • 男性ホルモン
  • 成長ホルモン
  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 生理前

これらが皮脂分泌を過剰にする原因となっているのですが、ニキビができる大きな原因は、〝毛穴の詰まり〟となっていますので、肌を乾燥させたり刺激を与えたりして肌を硬くしてしまわないように気をつける事が大切です。

新陳代謝の低下で肌の表面が硬くなってしまう事もあります。
ターンオーバーが正常ではない肌は、乾燥や肌荒れで毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまう事が多いので、ニキビケアを使用と感が得るのであれば、そういう点を改善する事が最優先となります。

ニキビは生活習慣の乱れやお手入れの怠けの影響も...

ニキビは顔だけではなく身体にもできてしまうのですが、一番の原因は〝毛穴の汚れ〟となります。

ニキビができた事がないという方はいないんじゃないかと思われるのですが、大人ニキビはできる人とできない人に分かれます。

ニキビができる人

  • 生活習慣によるホルモンバランスの乱れ
  • 食事の栄養バランスが悪い
  • 皮脂分泌が過剰
  • 乾燥しやすい
  • 肌に刺激を与えすぎ
  • 皮脂を取りすぎ
  • 洗浄不足
  • 保湿不足
  • ストレス

上記のように沢山の要因があります。
ニキビができる原因は人それぞれ異なるのですが、ひとつでも当てはまる点がある場合は、改善する必要があります。

ニキビができない人を羨ましがる方は多いのですが、肌質は改善する事ができます。

皮脂が多い体質の方は、乾燥による皮脂分泌が過剰になっているという事もありますし、脂質の多い食事をする事が多いという事もありますから、こういう点を見直してみるといいでしょう。

乾燥しやすい体質の方は、保湿が不足しているのが原因で古い角質を肌に溜めてしまうためニキビができます。

アレルギー的な要因もあるのですが、肌はきちんとお手入れする事によって、潤いと清潔を保つ事ができますから、肌質改善に力を入れてみましょう。

ニキビの原因を排除するためには

ニキビにならない肌を目指している方は、まず、ニキビの原因を排除しましょう。

皮脂分泌過剰

肌の内部が乾燥する事によって皮脂が大量に分泌されますから、肌の内側もしっかりと保湿し、皮脂分泌を抑える事が大切です。

乾燥

乾燥によるニキビは、古い角質が毛穴に詰まるのが原因ですから、毛穴の汚れを洗い流し、しっかりと角質層の奥まで保湿をするようにしましょう。
※皮脂の取りすぎに注意!

ホルモンバランスの乱れ

不規則な生活がホルモンバランスを乱れさせますから、たっぷりと睡眠を取るようにし、新陳代謝を良くする事を心掛けましょう。

栄養バランス

野菜を嫌う方はニキビができやすい肌質になりますので、野菜嫌いを克服しビタミンを多く摂取するようにしましょう。

ニキビは外からケアして治るとは限りません。
しっかり栄養を摂るようにする事で、ニキビの悩みを軽減する事もできますから、食事・生活習慣も見直しながらスキンケアをする事が大切です。

(ニキビができやすい生活習慣)

  • 甘いものをよく食べる
  • ストレスが酷い
  • 睡眠不足
  • 保湿不足
  • 洗顔のしすぎ

こういうことも原因となるのですが、あなたも当てはまる項目がひとつぐらいはあったのではないでしょうか?
このように、アクネ菌が喜ぶ環境を自ら作ってしまっている方もいらっしゃいますから、ニキビを予防するためには生活習慣にも気をつけなければなりません。

ニキビは年齢によって原因が違う場合があるので、
年代別にニキビの原因について説明したいと思います。

10代のニキビケア

10代のニキビは思春期ニキビと言われており、成長ホルモンによる皮脂分泌量の増加が大きな要因となっています。

成長ホルモンが皮脂腺を刺激する事によって過剰に皮脂が分泌されるようになるのですが、毛穴が詰まった状態だと、皮脂が行き場をなくして毛穴の奥に詰まってしまうということになります。

皮脂が詰まるとアクネ菌が増殖してしまい、ニキビができるという流れになるのですが、毛穴を詰まらせないようケアする事で、思春期ニキビの大量発生を予防する事ができます。

『10代のニキビはしょうがない・・』

こう考える方もいらっしゃるのですが、何もせずに放置したり、潰したりしてしまうと、デコボコ肌になってしまいますので、ニキビケア用の洗顔や化粧水で肌の調子を整える必要があるのです。

思春期ニキビは、アクネ菌を排除する為に白血球が活性酸素を発生させるのですが、これが原因で炎症性のニキビができてしまうんです。

毛穴に皮脂を詰まらせない事が重要ですので、洗顔でしっかり毛穴を清潔にするようにしましょう。

①皮脂を取り過ぎない
②ゴシゴシこすらない
③肌に潤いを与える

この点に注意しながら洗顔をし、しっかりと保湿をして皮脂の過剰な分泌を抑制しましょう。

皮脂と水分のバランス

肌表面に必要な皮脂というのは、外的刺激から肌を守るための役割となっています。
肌の潤いを保つ為にあるわけですが、肌の内部がしっかり潤っていれば、過剰に皮脂がでてくるという事はありませんし、皮脂が少なければ毛穴が詰まるという事もありませんので、水分と皮脂のバランスというのはすごく大事なんです。

洗浄力の強い洗顔料を使用すると、皮脂を取りすぎてしまい乾燥してしまい、ニキビのもととなってしまいますから、適度な洗浄力のものを選ぶようにしましょう。

●洗浄力は適度が一番
●低刺激を選ぶ
●油分の少ない化粧品を使用する

10代後半ぐらいになると、メイクをする方も増えるわけですが、ファンデーションなども油分が多いものだと、ニキビを悪化させてしまいますから気をつけるようにしましょう。

20代のニキビケア

20代からのニキビは、思春期ニキビとは違い、ストレスや睡眠不足・食生活が影響してきます。

睡眠不足が続いたり、メイクを落とさず寝たりしてしまえば、毛穴に汚れが詰まったり、皮脂分泌が過剰になったりしてしまいますからこういう生活は改善する必要がありますね。

正しいニキビケアとしては、毛穴の中までしっかり洗える洗顔料・洗顔石けんを選ぶ事が大切です。

POINT.1 毛穴の汚れを吸着する洗顔料を使う

POINT.2 たっぷりと保湿をして乾燥させない

POINT.3 ニキビケア用スキンケアでバリア機能を高める

肌は古い角質の除去をせず、皮脂が毛穴に詰まるとニキビがどんどんできてしまいますから、毛穴の汚れを吸着するタイプのものを選ぶようにしましょう。

化粧水などでの保湿に関しては、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているもので、肌に優しい成分から選ぶのが基本です。
肌はセラミドが不足するとバリア機能が低下して乾燥したりニキビができたりしてしまいますから、ニキビケア用のスキンケア用品を使うのが一番です。

ニキビケア用のスキンケアといえば、サッパリとした使用感をイメージする方もいらっしゃいますが、ニキビ肌は乾燥させてはいけませんので、しっかり保湿もできるもので肌バリア機能を高めましょう。

生活スタイルとニキビの関係

仕事にも遊びにも関心が強く、夜更かしをしてしまいがちな年代なんですが、生活リズムを整える事でニキビは改善されます。

  • 夜更かし
  • 食べ過ぎ
  • 喫煙
  • 食事制限(ダイエット)

これらがニキビ肌を招いてしまうこともあります。
もちろん日々のスキンケアも重要なのですが、生活習慣が関係するニキビもありますから、肌に悪い事はしないという考え方になるのが一番です。

食生活が不規則だったり、油分の多いものが好きだったり、ダイエットをしていたり・・
色んな事が肌の状態を悪くしてしまいますから、ニキビに悩まされているなら、生活スタイル・生活習慣の改善も検討してみましょう。

30代からのニキビケア

30代以降のニキビは大人ニキビとなるのですが、ホルモンバランスが深く関係します。
男性ホルモンが増える事によって皮脂が過剰になってしまい、毛穴を詰まらせてしまうというような事もあるわけですが、大人ニキビは、日々のスキンケアをしっかりとしていれば改善する事ができます。

若い頃とは違い、ニキビができる場所も変わってくるのですが、ストレス・不規則な生活・暴飲暴食などの生活習慣がニキビを増やしてしまう要因となります。

ニキビが出る場所ごとに原因と予防について「部位別ニキビケア」にて紹介しています。

顎や口元はUゾーンと言うのですが、皮脂腺が少ないのにニキビはできます。
何故皮脂腺が少ないのにニキビができるのか気になりますよね?

Uゾーンは乾燥しやすく、保湿が不足してしまう部分となっていますから、皮脂が増え、ニキビができやすい状況となってしますのです。

①肌が乾燥する
   ↓
②ターンオーバーが乱れる
   ↓
③古い角質が残る
   ↓
④毛穴の中に角質が入り込む
   ↓
⑤毛穴が詰まる
   ↓
⑥皮脂が詰まる
   ↓
⑦ニキビができる

こういう流れで大人ニキビは作られますから、まずは肌を乾燥させないようにする事から始めましょう。

ホルモンバランスとニキビの関係

ストレスや生活の乱れは、直接的にホルモンに影響します。
ストレスが多いと、生理周期も狂うように、肌の状態も悪くなってしまいますから、ホルモンバランスを整える正しい生活をする事が大切になります。

生理前になるとニキビができるという方も多いんですが、若返りのホルモンであるエストロゲンという物質が減少し始める40代ぐらいの方も、皮脂分泌が過剰になりやすいですから、とにかく毛穴を詰まらせないように気を付けましょう。

ニキビを作らせない肌にする為には、規則正しい生活をすることと、洗顔・保湿でターンオーバーを正常に戻すことが大切です。

野菜や果物などを食べるようにすると肌の潤いを保持する事ができるようになりますから、積極的に取り入れてみるといいですね。

ニキビが悪化するワケ

ニキビができやすい方は、ニキビ痕にならないようにする事も考えなければなりません。

化粧品やスキンケア用品が肌に合わない事がキッカケとなり、ニキビが治りにくいという外的要因が関係していることもありますから、ご自身の生活環境に付いても考えてみる必要があります、

あなたはこんな事をしていませんか?

  • 頬ずえをつく
  • 睡眠不足が続く
  • イライラする事が多い
  • 食生活が乱れている
  • 洗顔の回数が多い
  • ニキビができたら潰す

ニキビで悩む方は、1日に何回も洗顔するという方も多いようですが、洗顔しすぎは肌に必要な皮脂までも洗い流してしまい、余計に皮脂分泌を過剰にしてしまいます。
脂質の多い肉類を好む方も、ニキビができやすく悪化させやすいので気を付けた方がいいですね。
デスクワークで頬づえをつく癖がある方も、肌への刺激となりますから、やめた方がいいでしょう。

そして一番悪いといわれているのが、ニキビを潰すことです。
ニキビは潰してしまうと、肌の表面に傷を付けてしまうことになり、クレーター(肌が陥没)となってしまいますから、絶対に潰してはいけません。
デコボコ肌になると、なかなか治す事はできません。
そうならないにしても、色素沈着となってしまうこともありますから、ニキビは潰さず治すことに専念しましょう。

ニキビ予防に適しているスキンケア

女性はメイクで毛穴を塞いでしまうのが原因で、毛穴に汚れを蓄積させて、ニキビができてしまうという事もありますので、できるだけメイクをしている時間は短くすることが重要です。

帰宅後はすぐにクレンジングをして、力を入れずにメイクとクレンジング剤を馴染ませるようにし、洗い流しましょう。

洗顔は、余分な皮脂も毛穴を塞ぐ汚れも落とすようにします。
朝と夜の2回を基本としていただく事が大切です。
汚れが落ちている感じがしないということで、ゴシゴシ洗ってしまう方もいらっしゃるのですが、洗顔の際の摩擦もニキビができる原因のひとつなので気を付けてください。

  • メイク落とし
  • 洗顔
  • 保湿
  • 紫外線対策

これらが必要となります。
日焼け止めなども専用のクレンジング剤を使用しないと落とせないものもありますから、きちんと正しく使うという事も大切です。

メイク・日焼け止めがしっかり洗い流せていない状態だと、毛穴に汚れが詰まり、ニキビができてしまいますから、夜の洗顔はとても重要です。

朝は寝ている間に分泌された皮脂を流すだけでいいのですが、夜は毛穴を詰まらせる皮脂だけではなく、メイク汚れや空気の汚れなども付着していますから、しっかり洗い流すようにしましょう。

化粧水や美容液での保湿も重要です。
ニキビができやすい肌は、肌の内部が乾燥している状態だったりしますから、洗顔後も蒸発しやすいので、しっかり化粧水を浸透させ、保湿クリームで蓋をしてあげるようにしましょう。

ニキビ肌に刺激は禁物

しっかりスキンケアをしても、ニキビが改善されないのは何故?とおっしゃる方もいらっしゃいますが、シャンプー・コンディショナー・トリートメントなどのすすぎ残しが顔や体に付着したまま残ってしまうのもニキビのもととなります。

炎症を起こしているニキビに刺激を与えてはいけないという事はご存じの方も多いはずなんですが、化粧品による刺激もできるだけ避けるようにした方がいいですね。

ニキビ肌は敏感肌と同じようにケアする必要があると思うのですが、低刺激性のものを選んで使用するようにするのもオススメです。

化粧水や美容液なども、なるべく刺激の少ないものを選んでいただくようにしていただきたいのですが、洗顔の際も、合成界面活性剤が含まれているものを使うと、ニキビへの刺激はかなり強いため、悪化させてしまう可能性も高くなります。

  • 髪の毛による刺激
  • すすぎ残しの洗髪剤
  • 刺激の強い化粧品

これらはニキビ肌の方が最も注意しなければならない部分です。
どんなにニキビケアしても、治らないというのは化粧品が合わないのが原因だった利する事もありますから、肌に刺激を与えないよう心掛けてみましょう。

ニキビの対策としては、市販の薬用洗顔料での洗顔と市販のニキビ用の薬を塗られることです。
洗顔は、1日に2回朝と夜にされて下さい。洗い過ぎも良くありません。
洗い過ぎてしまうと肌が乾燥し、お肌が皮脂をどんどん出すようになります。

Yahoo!知恵袋

また、衣類や布団などによる摩擦もニキビのもととなります。
肌に触れるもの全てに気を付ける必要がありますので、なるべく顔には何も触れない状態で生活してみた方がいいということになりますね。