なかなかニキビが治らない。ニキビの原因と言われる食べ物、生活習慣、洗顔方法などニキビ対策もご紹介! ニキビ跡をキレイに治ったと口コミで評判のおすすめニキビケア商品をランキング。

ニキビ肌への化粧水の付け方

      2016/05/26

ニキビ肌は敏感肌と同じく、外的刺激に弱いので、コットンなどは使用せず、手のひらでつけるようにした方がいいですね。

コットンの方が入念に保湿できるという方もいらっしゃいますが、やはりコットンは肌に傷を付けてしまう可能性がありますから、ハンドプレスで化粧水を浸透させるようにしましょう。

化粧水のつけ方

ハンドプレスというのは、手で化粧水を付ける事をいうのですが、手のひらで温めながら肌に押し込むようにすると、ぐんぐん浸透しますから、優しく肌に馴染ませるように使うと効果を高める事ができます。

ニキビケア用の化粧水や美容液などは、浸透力が高いものが多いですから、コットンで叩かなくてもしっかりと肌の奥まで馴染ませる事ができます。

ハンドプレスに慣れない方は、しっかり浸透しているか不安になり、使いすぎてしまうという事もありますし、とろみのある化粧水だと少量で足りていると勘違いしてしまいがちなんですが、人によって肌が吸収する水分は異なりますので、ベタベタしない程度が一番です。

  • 化粧水は手のひらで温める
  • 一度で保湿するのではなく重ね付けする
  • 化粧水の後はしっかり保護する

これらに気をつけながら、化粧水を使うようにしましょう。

アクネ菌を増やさない化粧水は、さっぱり系が多いんですが、しっかり肌の奥まで浸透させる事でニキビのできにくい肌にする事ができますから、有効成分はしっかり浸透させて効果を期待しましょう。

炎症性のニキビがある場合は、その部分は重点的にハンドプレスでケアすると、炎症を早く抑える事ができますので、試してみるといいでしょう。

ニキビケアで避けたい化粧水の成分

ニキビができやすい肌や既にニキビができている肌には、アルコールやエタノールという成分は刺激になります。
アルコールは殺菌・消毒という効果があるので使用されていたりするのですが、この成分は肌を乾燥させてしまいますから、肌荒れの原因にもなり得ます。

アレルギーが多い方は、こういった成分で湿疹や赤みが出てしまうこともありますので、ニキビケアの為に使用する化粧水は、アルコールやエタノールが使用されていない物を選ぶようにしましょう。

アルコールは使用感もヒリヒリしますから、ニキビがある肌には刺激が強いはずです。
清涼感があってさっぱりするのですが、人によっては合わないこともありますから、こういう成分は良くチェックするようにしましょう。

 - ニキビ予防