なかなかニキビが治らない。ニキビの原因と言われる食べ物、生活習慣、洗顔方法などニキビ対策もご紹介! ニキビ跡をキレイに治ったと口コミで評判のおすすめニキビケア商品をランキング。

顎(あご)のニキビの原因とは?予防と治し方

      2016/05/26

あごにできるニキビはホルモンバランスの影響だと言われていますが、女性の場合は生理周期などの関係でホルモンバランスも変動するため、肌の状態もどんどん変わります。

顎のニキビ

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 不規則な生活習慣

これらがホルモンバランスを崩す要因です。
生活環境の変化でもホルモンバランスは乱れてしまうのですが、外的要因も挙げる事ができます。

あごは洗顔の際にすすぎが足りず、泡が残っている状態で洗顔を終了しているというような事もニキビができる原因ですので、しっかりフェイスラインに泡が残らないようすすぐ事が大切です。

肌に残った泡は、毛穴の中に詰まり、ニキビになる事もありますし、色素沈着してしまうこともあります。

ニキビケアはTゾーンを重点的に行う方が多いのですが、あごニキビは男性も髭剃りなどで刺激を与えてできやすい方も多いはずですから、しっかり保湿をして引き締めてあげるといいでしょう。

あごは刺激を受けやすいですし、紫外線も防ぐ事ができなかったりしますから、なるべく刺激を与えず、しっかり保湿をして、便秘や冷え症なども改善するようにしましょう。

髪の毛の毛先があごに刺さり、刺激となっていることもありますから、顔に髪の毛をかけないようにした方がいいですね。

あご周りは手で触ってしまうというクセがある方も多いんですが、触ると悪化するというのは有名ですから、きちんとケアして触れないようにしましょう。

あごのニキビを予防

あごのニキビは、見落としがちなんですが、しっかり洗顔して皮脂汚れを落とすようにしなければなりません。

ニキビができているのに洗顔料をすすぎ忘れてしまうなんて事になれば、どんどんニキビの状態は悪化してしまいますから、すすぎも保湿も丁寧にする事が大切です。
あご周りは保湿が不足してしまう部分でもありますから、しっかり保湿をして肌のバリア機能を高めましょう。

紫外線や衣類による摩擦でもあごに雑菌が付着し、毛穴に入りこみアクネ菌が繁殖するというような事もありますから、予防の為にも襟があごにかからない衣類を着るようにした方がいいかもしれませんね。

  • あごに触れない
  • 衣類の摩擦に注意する
  • すすぎ残しをしない

これだけ気を付けておけば、同じ部分のニキビを繰り返す事はなくなるはずです。
ニキビができると外出もしたくなくなりますから、きちんと毎日お手入れして、ニキビができない肌質になりましょう。

 - 部位別ニキビケア