なかなかニキビが治らない。ニキビの原因と言われる食べ物、生活習慣、洗顔方法などニキビ対策もご紹介! ニキビ跡をキレイに治ったと口コミで評判のおすすめニキビケア商品をランキング。

混合肌の特徴とスキンケア

      2016/05/26

混合肌の特徴は、Tゾーン(おでこや鼻)はベタつくのにあごや頬はカサカサ・・という状態なんですが、部分的に肌質が違うので、スキンケアには手間がかかるという難点があります。

混合肌

しかし、混合肌はしっかりケアする事によってニキビができにくい環境を作る事ができます。
まず、Tゾーンに関しては乾燥が原因となっていることもあります。

Tゾーンの保湿が不足しているのが原因で、皮脂分泌が過剰になってしまっているという事もありますから、オイルフリーの保湿を心掛けるようにしましょう。

肌の表面は潤っているのに、肌の内部はカサカサというような状態がインナードライというのですが、肌の内側が乾燥していれば皮脂分泌が過剰になりますので、内部までしっかり保湿をする必要があります。

インナードライの場合は、肌の内部への化粧水の浸透が重要となります。
肌の表面はテカるのに、内部はカサカサな状態だとニキビもできやすくなりますから、きちんとケアして油分と水分のコントロールをするようにしましょう。

乾燥する部分・・あごや頬
(皮脂腺が少なく乾燥しがちな部分でニキビができやすい。)

テカる部分・・おでこ・鼻
(皮脂分泌が多く、毛穴が詰まりやすい部分。)

これらの事を考えると、UゾーンとTゾーンは別でケアしなければならないような印象がありますが、保湿の仕方を変えるだけで、皮脂分泌を抑える事もできますし、乾燥も改善されますので、混合肌で部分的なニキビに悩まされている方は、混合肌のニキビケアも要チェックです。

混合肌のスキンケア

混合肌は生活習慣の乱れが原因となっていることもあります。
生活習慣を正しくし、皮脂汚れや古い角質をしっかり洗い流し、保湿をする事でテカリやベタつき改善されますから、日々のケアでニキビができにくい肌を作るようにしましょう。

油分の多い化粧品を使用する事もTゾーンがテカる原因のひとつですから、化粧水だけではなく化粧品もオイルフリーのものを使用するようにした方が良さそうです。

余分な脂は酸化しやすく、ニキビのもととなりますから、しっかり保湿をして余分な皮脂を出さないようにする事が大切です。

ベタベタする部分は保湿しないというやり方は混合肌の状態を悪くしてしまいますから、ベタつく部分もしっかりと保湿をし、肌バリア機能を高めるようにしましょう。

 - 肌タイプ