なかなかニキビが治らない。ニキビの原因と言われる食べ物、生活習慣、洗顔方法などニキビ対策もご紹介! ニキビ跡をキレイに治ったと口コミで評判のおすすめニキビケア商品をランキング。

乾燥肌(ドライスキン)

      2016/05/26

【乾燥肌の特徴】

ニキビは脂性肌の悩みだと思っている方も多いようですが、乾燥肌もニキビに悩まされる事はあります。

乾燥肌

皮脂が少ないのにニキビができるのはどうしてなのか、気になりませんか?

乾燥肌なのにニキビに悩まされている方は、その原因を知りたいと考えているはずなのですが、乾燥した肌は皮脂分泌が過剰になるという特徴があります。

天然保湿因子や細胞間脂質が不足しているという事も関係していますが、乾燥肌は肌の表面が乾燥して毛穴ももろくなってしまい、皮脂を詰まらせてしまうのが原因です。

  • 乾燥肌は皮脂分泌が多い
  • カサつくのに皮脂が多い
  • 毛穴が詰まりやすい
  • 角質層の水分が足りない

このような特徴がありますので、肌の角質層にしっかりと水分補給をし、肌バリアの機能となる皮脂膜で保護しなければなりません。

皮脂と水分のバランスを調整する事が大切で、保湿をすることも重要ですが、角質層の奥までしっかりと浸透させるようにしましょう。

また、乾燥肌を改善しようと油分の多いクリームを使用すると、角質層を傷つけてしまうこともありますし、界面活性剤なども肌の負担となりますので、注意するようにしましょう。

乾燥肌に大事な事は、肌に負担をかけないオイルフリーの化粧水などが適しています。
正しいケアをする事で乾燥を改善する事ができますから、日々のケアでニキビのできない普通肌を目指しましょう。

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌でニキビができる場合のスキンケアとしては、洗顔の仕方も気を付けなければなりません。

保湿を重視する方も多いのですが、潤い成分が含まれているものを使用するようにしましょう。

乾燥肌は敏感肌と同じく、刺激に弱くなっていますから、洗浄力の強いものなどは肌をゴワつかせる原因となりますので、避けるようにした方がいいでしょう。

化粧水に関しては、ニキビケアも保湿も重視しているようなものが適しています。
抗炎症作用や抗菌作用がある化粧水でしっかり保湿をしていただく事が大切なんですが、医薬部外品となっているものがオススメとなっていますから、肌に合うかどうか試してみてから継続しましょう。

鉱物油やアルコールなども肌に良くないといわれていますし、香料や着色料にも気をつけながらスキンケア用品を選びましょう。

 - 肌タイプ