なかなかニキビが治らない。ニキビの原因と言われる食べ物、生活習慣、洗顔方法などニキビ対策もご紹介! ニキビ跡をキレイに治ったと口コミで評判のおすすめニキビケア商品をランキング。

治るまでに時間がかかる赤ニキビの原因と治し方

   

赤ニキビは初期段階のニキビが悪化し、アクネ菌が増殖して炎症を起こしている状態となります。

赤く腫れてしまうのが特徴ですが、赤ニキビは痛みが出てしまう事もあり、治すのに時間がかかってしまうのですが、潰してしまうのはいけません。

赤ニキビの写真

炎症性のニキビはできるだけ触らないようにすることが大切で、メイクも控える必要があります。
できるだけ患部に触れないようにし、油分の少ない化粧品やスキンケア用品を使用するようにしましょう。

赤ニキビは、白ニキビ黒ニキビが悪化した状態です。
白・黒というニキビはない状態から赤ニキビが突然できてしまうこともあるのですが、赤みのあるニキビは炎症性ですので、刺激を与えないよう心掛けましょう。

第1段階 白ニキビ(初期)
  ↓
第2段階 黒ニキビ(皮脂の酸化)
  ↓
第3段階 赤ニキビ(炎症)

上記のような流れでどんどん目立つようになってしまいます。
ニキビは皮膚疾患ですから、薬用のニキビケア用品でケアする必要があります。
ビタミンCなどの成分が炎症を抑えてくれる効果がありますので、ニキビケアには最適だとされています。

皮膚科に行くのが一番だといわれていますが、ご自身でケアする方が多いですよね?
しかし、赤ニキビはメイクで隠すとなると、刺激を与えてしまうことになりますから早めに治すことを考える事が大切です。

炎症を放っておくと、どんどんニキビは大きくなり、肌にダメージを与えるだけですから、早めに治療をして、その後のニキビケア・ニキビ予防を強化するようにした方がいいですね。

ニキビ跡として残ってしまうと、なかなか消す事はできませんから、炎症性の赤ニキビができてしまう前に予防する事も大切です。
既にできてしまった赤ニキビも、抗炎症作用のある化粧水などでケアする事ができますから、使用してみるといいでしょう。

赤ニキビのケア

赤ニキビは、炎症を起こしているので目立ちますし、気になって触ってしまうという方も多いはずなんですが、あまり触らないようにしましょう。

手で触ったりすると、余計に雑菌を繁殖させてしまいどんどん悪化してしまいますから治るまでは触らないということが基本となります。

赤ニキビは肌の奥までダメージを与えており、再発しやすくなっていますから、根本からケアしていく事が大切です。

同じ所に繰り返しできるという場合は、跡として残ってしまう可能性がありますので、刺激の少ない洗顔料や化粧水などを使用して、肌を乾燥させたりしないようにしましょう。
肌は乾燥させると皮脂が過剰に分泌され、アクネ菌が活動しやすい環境を作ってしまいますから、潤いのある肌を維持し、毛穴の詰まりはしっかり改善しておく必要があります。

皮脂コントロールが可能なニキビケアの商品もあるので、一度使ってみるといいかもしれません。

 - ニキビの種類